TOPへ

新着情報

【ブログ】大腸カメラ検査のおすすめ頻度

新着情報

こんにちは。
月岡医院 院長の月岡幹雄です。

いつも当院をご愛顧くださりありがとうございます。

今回のブログは、大腸カメラ検査のおすすめ頻度に関するお話しです。

大腸カメラの検査頻度は、健康な人、大腸がんリスクの高い人、血便などの症状がある人によって異なります。

 

  1. 健康な人

    大腸がんのスクリーニングとして、通常は50歳から75歳の間で行われます。スクリーニングの間隔は、5年に1回をお勧めしています。

 

  1. リスク因子のある人

  2. 大腸がんの家族歴がある場合や、ポリープが見つかったことがある場合など、リスクが高いと判断される人は、スクリーニングの頻度が高くなります。これらの人は、3年に1回の頻度で検査を受けることをお勧めしています

 

  1. 症状や異常がある場合

  2. 大腸の症状や異常がある場合、診察所見に基づいて大腸カメラ検査が行われます。



大腸カメラ検査をご検討される方は、ぜひ当院へお気軽にお越しください。

当院の大腸カメラ検査について 詳細はこちら
ご予約はこちら