月岡医院

文字サイズ 小さく 大きく
 
 
 
 

ー 医院からおしらせ ー

Category Archives:  検診の話  の記事一覧

2015/6/13 更新

大腸がん検診の5%の法則

大腸がん検診は、便に含まれる血液反応を

確認する検査です。

 

この大腸がん検診を受けた人の5%の方が、精密検査が必要となり

精密検査を受けた人の5%の方に、「大腸がん」がみつかるのです。

 

大腸がんは、早期発見・早期治療が可能な病気です。

「捨てるもので、拾う命もある。」

2015/6/4 更新

胃透視と胃カメラ、どっちを受けたらよいのでしょうか?

これは、ずばり、胃カメラです。

 

胃透視と胃カメラのそれぞれに良い点と問題点があります。

けれども、病気の発見能力とピロリ菌治療ができるという点から

胃カメラがオススメです。

 

厚生労働省のお達しにより、残念ながら胃透視では、ピロリ菌除菌治療の

前提条件を満たさないのです。

2015/6/3 更新

大腸がん検診の大切な3つのこと

大腸がん検診について大切なことをまとめました。

  1. 80%の大腸がんがみつかります。
  2. 検診した人の5%が精密検査となり、精密検査を受けた人の5%に大腸がんが見つかります。
  3. 毎年、受け続けることが大切です。

みなさん、上手に検診を利用してください。

1 / 11